ご注文
オーガニックエクストラ
バージンココナッツオイル

ダイエット効果抜群のバージンココナッツオイルは、中鎖脂肪酸が14g中8.4g含まれています。ココナッツオイルで太りにくい体質をつくることができる食品です。

価格 1,980円(税込)

送料 全国一律840円※ただし沖縄県、離島は1,080円

詳細
3本セット

3本以上まとめてお買い上げいただくと送料が無料になります。お買い求めの際はお得なまとめ買いをお勧めいたします。

価格 3本セット5,940円(税込)

送料 3本以上は無料

詳細

 
効果・効能 その1 (注)
ダイエット効果

人間は動くときにエネルギーを使う、その時のエネルギー源と なるのが「ブドウ糖」と「ケトン体」です。 ブドウ糖ばかりエネルギーとして使われていては脂肪が分解さ れないので、なかなか痩せることはできません。 ケトン体は、ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸から 合成されています。 ココナッツオイルを摂ることによって、血液中のケトン濃度が 上昇すると、体内のエネルギー源がブドウ糖からケトン体に代 わります。すると、体内の脂肪が燃焼されていく。 これがココナッツオイルがダイエットに効果的な理由です。

効果・効能 その2(注)
コレステロール値を下げる

脂肪を摂取すると、コレステロールや体脂肪に代わるために、 コレステロール値を上昇させて、中性脂肪酸を増やしてしま います。しかし、ココナッツオイルは主成分が中鎖脂肪酸の ために、コレステロール値を上昇させることがほとんどないの です。 また、中鎖脂肪酸は、代謝を促進するために善玉コレステロー ルを増やして、悪玉コレステロールを減らすともいわれています。

効果・効能 その3 (注)
糖尿病の予防・改善になる

成人病として発症する糖尿病の主な原因はインスリンの抵抗性が 大きな原因です。インスリンの抵抗性は、内臓脂肪や皮下脂肪 などの肥満と関係しています。 ココナッツオイルで中鎖脂肪酸を摂取することで、このインスリ ンの抵抗性を改善する働きや過剰な内臓脂肪の蓄積を抑 える効果があると期待されています。

効果・効能 その4 (注)
抗酸化作用、美白効果

ココナッツオイルに多く含まれているトコトリエノールという 成分があります。トコトリエノールは、ビタミンEの一種で、 強力な抗酸化作用を持つ栄養素です。抗酸化作用は、しわ・シミ や毛穴の改善などの美容効果も持ちます。トコトリエノールは 吸収されてから、皮膚に多く分布されるので、紫外線による酸化 からお肌を守り、シワや美白に効果的です。 また、抗炎症作用もあると期待されている成分です。

効果・効能 その5 (注)
活性酸素を除去する効果

人間は呼吸で酸素を取り入れて、二酸化炭素を出します。 このときに活性酸素と呼ばれる酸素が発生します。 活性酸素は細胞に損傷を与える有害性があります。 動脈硬化や生活習慣病、老化をもたらします。 この活性酸素を除去する効果があるのが、ココナッツオイルに 含まれているケトン体です。

注意)効果・効能については個人差があり、必ず効果効能を保証するものではありません。
◆コールドプレス製法(低温圧搾法)
コールドプレス製法(低温圧搾法)とは、低温でオイルを抽出する製法で栄養素を壊さずに抽出することができます。
ココナッツオイルの原料となるココナッツの種子に胚乳(はいにゅう)と呼ばれる栄養素が入っています。
胚乳は、周縁を固めている「固形胚乳」と、中心にたまっている「液状胚乳」に分かれており、 ココナッツオイルには固形胚乳が使用されます。
ココナッツの種子は非常に固いため、オイルを抽出するためには圧搾しなくてはなりません。

◆圧搾方法には「高温圧搾法」と「低温圧搾法」の2種類ある
高温圧搾法とは、採油効率を上げ大量生産するために高温で加熱してオイルを搾り取る製法です。
一般的な植物油の製法の主流となっています。 一方低温圧搾法とは、圧搾する際に発生する摩擦熱が高温にならないよう、時間を掛けて
丁寧にオイルを搾り取る製法です。 コールドプレス製法でココナッツオイルを抽出する際の温度は、
最低でも60度を超えないようにします。 高温を加えないためビタミンなどの栄養素が破壊されずに多く残ります。


お薦め理由(その1)
栄養素を壊さず抽出

コールドプレス製法で作られたココナッツオイルは栄養価が高く、 体への吸収もスムーズです。 さらに、ダイエット効果が期待されている中鎖脂肪酸などの大切な成分も守られます。 そのため、ダイエットや美容、健康維持などを目指している方は、 コールドプレス製法のココナッツオイルがお勧めです。


お薦め理由(その2)
トランス脂肪酸を生成しない

植物油を高温で長時間加熱するとトランス脂肪酸が生成されます。 そのため、高温圧搾法のココナッツオイルには、トランス脂肪酸が含まれてしまうことがあります。 トランス脂肪酸は過剰摂取すると悪玉コレステロールを増加させ、 善玉コレステロールを減少させる恐れがあります。 しかしコールドプレス製法のココナッツオイルの場合、低温でオイルを圧搾するためトランス脂肪酸が生成されません。

お薦め理由(その3)
ココナッツの豊かな香り

コールドプレス製法は成分だけでなく、ココナッツの豊かな香りや フレッシュな風味も損ないません。 コールドプレス製法のココナッツオイルを料理や飲み物などに加えても、 ココナッツ本来の風味を楽しむことができます。